葬儀をスムーズに行うのは

儀式が行われるという時には、それに参加する人達のお互いの意思疎通を確かめ合うようなところがあります。

最近の葬儀の傾向とは

一昔前の葬儀は大規模でした。大勢の会社関係、親族、ご近所などの地域社会の方々が集まり、参列者が何百人単位になるのも一般的でした。

葬儀の形式が変化しつつあります

人が亡くなりますと葬儀を行います、それを行う人や亡くなった人の死生観や宗教観が深く関わった様式で行われることが多いものですが、日本ではほとんどが仏式で、またその土地その土地の風習でされます。

葬儀参列のマナーについて

葬儀には、故人の親族、友人、知人をはじめとして、遺族の友人知人、会社関係者など、さまざまな人が一同に会します。